手塚雄二

手塚雄二

手塚雄二

日本画家

作品名:「秋麗」

手塚雄二 日本画家

作品名:「秋麗」

メッセージ メッセージ

浄化された空気の奥入瀬渓流の中。
泡立つ川の流れ、水の音、とりのさえずり、濡れた岩や苔のにおい、風の気配。
それらが一瞬止まる時があります。
自然と自分が一体となった瞬間です。
気付くと季節が移っていました。

プロフィール プロフィール
1953年
神奈川県に生まれる
1976年
東京藝術大学美術学部絵画科日本画専攻入学
1978年
東京藝術大学・安宅賞受賞
1979年
第34回 春の院展に「歌占い」
第64回 院展に「午後」初入選(以後毎年出品)
1980年
東京藝術大学美術学部卒業制作
「夢模様」がサロン・ド・プランタン賞受賞
東京藝術大学美術学部絵画科日本画専攻卒業
1982年
東京藝術大学大学院修了制作の「迷宮」が台東区長賞受賞
東京藝術大学大学院美術研究科(日本画)修士課程修了
1983年
日本美術院 院友推挙
1986年
第71回院展に「泉」を出品、奨励賞受賞(同87,88年)
1987年
第42回 春の院展に「洸」を出品、奨励賞受賞(同88,90,92年)
1988年
第22回 現代日本美術選抜展(文化庁主催)に「陽黄」を出品(同90,91,94年)
1989年
第44回 春の院展に「慕」を出品、春季展賞受賞(同91年)
第74回 院展に「潤」を出品 日本美術院賞・大観賞受賞(同90,91年)
日本美術院特待推挙
1990年
前田青邨賞受賞(日本美術院奨学金)
1992年
日本美術院招待推挙
金峯山寺(奈良・吉野)本坊障壁画を制作
日本美術院 同人推挙
1993年
第78回 院展に「落日」を出品、文化庁買い上げ
1994年
第16回 日本秀作美術展に「落日」を出品(同02,03年)
1997年
第82回 院展に「海音」を出品、文部大臣賞受賞個展(セレネ美術館)
1998年
−日本画壇の俊英 限りなき美への挑戦−手塚雄二展開催
主催=朝日新聞社(名古屋・銀座松坂屋)
-月のしらべ-手塚雄二新作展(名古屋・銀座松坂屋)
2000年
「手塚雄二屏風絵画展」開催(福井県立美術館、京都・大阪・名古屋高島屋)
第85回 院展に「風雲風雷」を出品、内閣総理大臣賞受賞
2001年
「天地風雷 手塚雄二展」開催(日本橋三越本店、大阪・福岡三越)
2002年
日経日本画大賞展入賞
2004年
手塚雄二 新作展(松坂屋名古屋店・銀座店・静岡店)
2006年
「手塚雄二 花月草星展」(日本経済新聞社主催:高島屋/日本橋、京都、横浜、ジェイアール名古屋、なんば)
画集「夜想」刊行(小学館)
2008年
「光陰 手塚雄二日本画展」(日本橋三越、名古屋栄三越、松山三越)
「アジアコンテンポラリーアートフェア2008」出品(ニューヨーク)
2010年
「一瞬と永遠のはざまで」10月23日〜11月28日 そごう美術館(横浜)
2011年
「一瞬と永遠のはざまで」1月2日〜1月23日 松坂屋美術館(名古屋)
2014年〜2015年1月
「憬色-手塚雄二展」(日本橋三越本店、仙台三越、福岡三越)

平山郁夫
現    在
日本美術院同人・理事、東京藝術大学教授
福井県立美術館 特別館長
オフィシャルウェブサイト オフィシャルウェブサイト http://www.tezukayuji.jp/