大津英敏

大津英敏

大津英敏

洋画家

作品名:「ホワイティとパリ」

大津英敏 洋画家

作品名:「なかよし」

メッセージ メッセージ

ホワイトタイガーの子供がゴロゴロ取っ組み合ったり、なかよくじゃれついたり。
そうやって色々なことを学習していく。
日本生まれで野性は残っているのか?
なんてボクが心配しなくても、力強い鼓動が伝わってきた。

プロフィール プロフィール
1943年
熊本市に生まれ、少年時代を福岡県大牟田市で過ごす。
1969年
東京藝術大学大学院を修了。(山口薫教室)
1971年
第39回独立展で独立賞受賞。72年同賞受賞。
1973年
独立美術協会会員となる。
1979年
家族と共に渡仏。81年帰国。
1981年
帰国。
1983年
第26回安井賞展で安井賞受賞。
1988年
「しずもれる愛の詩」大津英敏展(東京・大津・福岡・大牟田・札幌)
日本経済新聞社、北海道新聞社、中日新聞社、西日本新聞社主催。
1993年
第11回宮本三郎記念賞受賞、受賞記念展・朝日新聞社主催。三越(日本橋本店)
1996年
大津英敏展「筆・夢・愛」 高島屋(東京・京都・大阪・横浜)
新聞連載小説 黒井千次著「夢時計」の挿画を担当。
2000年
東京地下鉄南北線白金台駅にステンドグラスを制作。
2003年
新聞連載小説 辻井喬著「終わりからの旅」の挿画を担当。
2005年
第28回損保ジャパン東郷青児美術館大賞受賞。
2006年
東郷青児美術館大賞受賞記念展「伝えたい気持ち」。
2007年
第63回日本芸術院賞受賞。日本芸術院会員就任。
2008年
東京地下鉄副都心線渋谷駅にステンドグラスを制作。
「風景画への道」高島屋(東京・大阪・京都・横浜・名古屋・高崎・米子・岡山)
2009年
新聞連載小説 堺屋太一著「三人の二代目」の挿画を担当、産経新聞と全国37紙に連載。
「新フランス物語」大津英敏展〜パリ燦燦〜 三越(日本橋本店・福岡店)
2010年
新聞連載小説、堺屋太一著「三人の二代目」挿絵展を開催。
高島屋(東京、米子、岡山、大阪、京都、岐阜、高崎、名古屋、横浜)
2011年
10月パリ吉井ギャラリーで「セーヌ河の朝陽」大津英敏展を開催。
2012年
大津英敏展「フランス・オランダ紀行」。三越(東京・大阪・福岡)
2014年
多摩美術大学教授退任記念「大津英敏展」開催。(多摩美術大学美術館)
2016年
大津英敏展「思い出の風景と家族へのまなざし」。三越(東京・名古屋・札幌・福岡)
現    在
日本藝術院会員・独立美術協会会員・多摩美術大学名誉教授。